サウンド・オブ・ミステイク〜唄・菅義偉

『ドレモのうた』


♪ドは奴隷のド〜ギョーレツ丸山

レはレクサスのレ〜トラヤ甘利

モは問題ないのモ〜シュクシュク菅

何度かドレミのうたで作りかけて……だけど、「ド」から「シ」まではそろわなくて……という状況がずっと続いていた。

だけど、これだけ自民党に欠陥大臣、欠陥議員がいると、順番に埋まっていった。とうとう、そろった。だけど、ワンコーラス分の長さを実際に作ってみると、あんまり。

というのは、おそらくはTWITTERに目が慣れてしまった身には、替え歌でもよほど短いものでないと、まだるっこしく感じるらしい。


その時の材料を再利用して、CDジャケット風に。

なんだか中途半端になっているけど、またどうせ騒動が起こる。自民党だもの。その時にまた、作りなおせばいい。

にしても、あれほど猛威を振るった菅の「問題ない」も最近聞かない。このおっさん、この言葉をいわなければ、存在感が全くない……ともいえる。

「安倍との間にひびが入った」といわれだした時から、あまり「問題ない」も言わなくなったように思うだが、どうだろう。

この言葉は、安倍に対する非難を打ち払うときに使う常套句なのだ。

コメント