ナンバーワン寿司とも〜時事通信解説委員・田崎史郎

政権ベッタリのジャーナリスト(?)というのは、昔からいる。社内でも力を持ち、「大物政治部記者」と呼ばれたりする。

有名どころだと、読売新聞の渡邉恒雄とNHK島桂次が両巨頭だろう。

二人とも経営トップにまでご出世なされ、組織全体を右旋回させてしまった。

一方、「いかにも小物」「タダのお調子者、提灯持ち」という腐臭を漂わせているのがこの時事通信の田崎史郎。
安倍寿司とも・田崎史郎
こんな奴が話題に上り、しばしば顔を見なければならないのはテレビのせいだ。TBSのワイドショーのコメンテーターとして、レギュラー出演(なんだろうね)している。

時事通信という外部のこんな程度の人間を使っているのだから、TBSの人材の薄さを改めて思う。形ばかりとはいえ、自分たちのところだって取材部門を持ち、現職の首相番や首相番経験者はいることになっているはずなんだけど。

と、同時にもう一つ。「今の時代に大物政治部記者っているんだろうか?」

勝手な想像だけど、多分いない。大物政治部記者になるには、大物政治家と結びつく必要がある。

渡邉恒雄の場合は中曽根康弘、島桂次の場合は田中角栄だった。

こういった人たちがまだトップに上り詰める前に、担当記者となり、相手に取り込まれる。相手の出世に合わせて自分も力を持つ……というのが、大物政治部記者のお決まりのコースだろう。

今の自民党は、派閥の領袖だって、ほとんど存在感がないぐらいだ。そもそも、トップの安倍晋三からして、全くの安物だ。

政治家に大物がいなくなり、次の時代をにらんで控えているような人間もいない。くっついているノミやダニまで貧弱になってしまった……といったところか。

コメント